カテゴリ:☆かなみん( 1 )

ハシゴ

劇団の先輩の平林さんが出演している

オペラ「八犬伝」 を観てきました。

オペラはあまり観たことがなく、実は・・そんなに興味もなかったんですが、

な~んたって、大スキな八犬伝ですもの、いってきましたYO

大体3時間くらいやってたんですが、もちろんあの大作を原作どおり忠実にやったら3時間どころではすまなくなるので、オリジナルストーリーになることは予想しておったのですが、どうしてもハズせないのは、私のご贔屓犬士・犬坂毛野をやる役者が男か、女か!!!

なんて思いも見事に打ち砕かれたのは、犬士が4人しか出てこなかったからです(クスン)。

内容も、途中までで、これから他の4人を探そう!!というところで終わりました。

コレは、コレで良かったような気がします。

んで、肝心の先輩はどこにいたか・・・いや~、事前に何をやるか聞いていたんですけど・・・


すいません、どこにいるのか分かりませんでした・・・




そんで、お次は、つかこうへい劇団卒公売春捜査官をみてきました。私の後輩が昴を卒業し、つかこうへい劇団の研究生になり、とうとう卒業公演だそうです。

いや~、大音響だったんですけど、それよりなにより、音響の奴が

ミスしまくり・・・わざとか、おまえは?!というほどで、あれでは出演者がかわいそうです。

私の後輩の芝居は、ん~、昴抜けてまた大きくなったな!という感じで、

わめく芝居って、観てる方が疲れるというか、引いてしまうというか、私の場合はドン引きタイプなんですけど、あそこまでやられると、麻痺して観ていられるということに気づきビックリ(笑)。


声も、まあ、これはきっと声を潰してそれを乗り越えた音でしたが、そんな声を持っていたんだね。と、こちらにもビックリ!!



後輩の芝居を観て、自分の力量を反省し、もっと精進せねばいけないと感じた一日でした。
[PR]
by pleiades_pleiades | 2006-01-29 23:52 | ☆かなみん